”おうちの無料相談会”のご案内
 
弊社事務所にて、”おうちの無料相談会”を実施いたします。
「おうちがほしいんだけど何から始めたらいいの?」という方から
新築・増改築・リフォーム・修繕など具体的なプランをお持ちの方まで
おうちに関する事なら、なんでもご相談ください。
 
     
都合の良い日時をご相談させてください。
     ご連絡をお待ちしております。
     
    ご希望の日時をお問い合わせメールでご予約ください。
 
各回とも一件のみですので、ゆっくりとご相談いただけます。
女性建築士がおりますので、女性の方もお気軽にお越しください。
平日等上記以外の日程でもご相談は承りますので、お問い合わせください。
ご予約いただきませんと不在にしていることがあります。必ず、ご連絡のあとお越しください。 
 
会社のHPからも御予約・お問い合わせできます。ぜひご覧ください。
長野建設株式会社HP 
 

2014年05月29日

昔より丈夫です。

こんにちは。社長です。

外壁の材料が ALC の場合も、表面に塗装をします。
表面の塗装の劣化は、前回とおなじです。

外壁が鋼板の場合、表面の劣化より、錆が問題になります。
雨の影響、内部結露の影響が考えられます。

鋼板を釘で止める場合、釘が表面に出ていると、そこから錆びてきます。

釘が鋼製であれば間違いありません。
ステンレス製であれば、釘より鋼板がサビます。

ただ、わりと持つんです。この鋼板が。

昔と違って、物が良くなっているので、結構長持ちします。

それと、他と比較してお値打ちだったり、張り替えが楽だったり
(お客さまには関係ないかもしれませんが)します。

コストパフォーマンスの高い家は、外壁・屋根とも鋼板が使われることが多いです。

他と比べて良い点も悪い点もありますが。

それでは、また。
posted by 長野建設 at 22:52| Comment(0) | 修理・メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月26日

劣化は進むよどこまでも

こんにちは。社長です。

前回はサイディングの劣化の第1はコーキングと書きました。

サイディング本体はどうかというと、
劣化を確認するには、手のひらで表面をなでてみてください。

手の平に白い色が付いてきたら、劣化の証拠です。

こうなったら再塗装か張り替えを検討してください。

多くの家は、そのままの状態で放置してあります。
色があせたぐらいの感覚で、気が付いていないのです。

そのままにしておいて、表面がボソボソになってしまうと、
全面張り替えしか方法はありません。

早く見つけて、早く対応することが 長持ちの秘訣です。

大切なマイホームです。少しでも長く住めるようにしましょう。

それでは、また。
posted by 長野建設 at 23:22| Comment(0) | 修理・メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月22日

外壁は?

こんにちは。社長です。

おうちの外壁、じっくり見たことはありますか?

ぱっと見、なんてことがないように見えても、実際は・・・。

外壁がサイディング張りの場合、まず傷んでくるのは、板の境のコーキングです。

最近の物は、性能がよくなってきてはいますが、外壁本体より寿命が短いのは
昔も今も同じです。

年数が経つと、コーキングは硬くなり、外壁の伸縮についていけず、割れてきます。
そこから水が入ることになります。

修理には、古いコーキングを全て取って新しくやり直すのですが、
高いところは当然ながら足場が必要になります。

これに費用がかかります。ひょっとすると足場の方が高い!なんてことも。

一緒に 雨樋なんかも修理した方がお得かも。

サイディング本体は・・・また次に。

それでは、また。
posted by 長野建設 at 23:59| Comment(0) | 修理・メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月21日

良い話ばかりでは

こんにちは。 社長です。

前回までの流れからは はずれますが、新聞の記事から。

「節約のためエネファームを導入するも、逆に 経費増。」の記事が。
エネファームとは、ガスで発電しながらお湯をつくる一石二鳥の機械です。

当初の説明では、「 電気代が安くなり、家計に優しい。」はずだったのですが、
安くなった電気代よりガス代が高くなり、大きくマイナスに。
裁判だそうです。

製品自体が悪いわけではありません。ちゃんとした商品です。

それを勧めた人(会社?)が責任を問われます。

確かに、「 いいですよー。」と勧められ、逆の結果になれば腹も立ちます。

いろんな商品が出ていますが、お客さんに勧める場合、結構悩む部分です。

メーカーは、「計算によればこんなにお得になります。」と収支比較を出してきます。

難しいのは、メーカーの想定した家族構成・使用状況での計算と、
実際の家庭での家族構成・使用状況が必ずしも一致しないことです。

オール電化が流行り始めた時にもあったのですが、メーカーの試算ではずいぶん安くなるはずなのに、
実際はそうでもないことが結構あったりしたんです。

昼間家で生活しているか、出かけて誰もいないかでずいぶん違います。

お施主さんが、「 オール電化。オール電化。」と、絶対やらなければならない状態に
世の中がなっていた時期がありました。

でも、うちのお客さんは、年配の方、自営の方が多く、
日中でも家の中に複数人いる時間が多い方が結構見えました。

ですから、導入を決める前に必ず、「チラシにあるようにはいきませんよ。」
と、メーカーの一般的な試算と、実生活での状況の違いをを説明し、さらに、
ライフラインを複数持つ(プロパンガスの家庭が多かったので)事も勧めた上で
その上でどうするかを決めてもらっていました。

太陽光発電も同じです。

日当たりのいい南向きの立地であればいいのですが、
他の建物で影ができる、方向が悪い等々条件が悪ければ、
期待したほど売電出来ないこともあるのではないですか。

売る方は、必ず良い事ばかり並べます。

もし、何か勧められたら、「 で、それの悪いところは?」
と尋ねて下さい。

「 ありません。全ての欠点を排除した製品です。」
などと言ったら、話を断ち切って帰った方がいいですよ。

「 値段が高い。」「 このような条件の時にはこちらより劣る。」など、悪い点の説明があれば、
もう少し話を聞いてもいいんじゃないでしょうか。

物事良い事ばかりではありません。
その裏には大小の差はありますが、悪い部分も必ずあります。

プラスとマイナスを比べて、その上で決めればいいのです。

「 いいことばかり 」に 乗らないで下さい。

それでは、また。







posted by 長野建設 at 23:25| Comment(0) | よもやまばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月19日

早期発見、早期治療

こんにちは 社長です。

住宅の寿命が30年程度と言われています。
「 冗談ではない。50年、100年充分に耐えられる。」
と言われるお施主さん、大工さん、 たくさんいると思います。

私もそう思います。

なぜ1世代で終わりなのか、また後日お話します。

長く持つ家でも、その寿命より確実に早く傷むのが設備機器です。

システムキッチン、洗面化粧台、シャワートイレ、ユニットバス、給湯器 ・・・・・

大事に使えば、前記の建物寿命程度(短い方の)は持ちこたえることは可能です。
でも、10年使えばどこかしら傷んできます。汚れてきます。

例として記載した設備機器は全て水を使うものです。

この接続部分から水が漏れることがあります。

接続部分が箱の中だったりして、普段目につ来にくい場所だったりするので
なかなか解りづらい。

気がついたら、ベコベコでカビだらけなんて状態。

年1回の大掃除(年末である必要はありません。)で、しっかり確認してください。

早期発見、早期治療が、家にも体にも大切です。

くれぐれもお体をお大事に。

それでは、また。

 
posted by 長野建設 at 23:08| Comment(0) | 修理・メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする