”おうちの無料相談会”のご案内
 
弊社事務所にて、”おうちの無料相談会”を実施いたします。
「おうちがほしいんだけど何から始めたらいいの?」という方から
新築・増改築・リフォーム・修繕など具体的なプランをお持ちの方まで
おうちに関する事なら、なんでもご相談ください。
 
     
都合の良い日時をご相談させてください。
     ご連絡をお待ちしております。
     
    ご希望の日時をお問い合わせメールでご予約ください。
 
各回とも一件のみですので、ゆっくりとご相談いただけます。
女性建築士がおりますので、女性の方もお気軽にお越しください。
平日等上記以外の日程でもご相談は承りますので、お問い合わせください。
ご予約いただきませんと不在にしていることがあります。必ず、ご連絡のあとお越しください。 
 
会社のHPからも御予約・お問い合わせできます。ぜひご覧ください。
長野建設株式会社HP 
 

2013年02月27日

元請けさんはたいへんでしょ?

いつもなら、弊社が元請けで、
下請けとして仕事をして下さる業者さんから
逆にお仕事をいただきました。

こういうパターンはあまりないのですが
元請けで仕事をいただくと、
各下請け業者さんから見積をとり
それをまとめてお施主さまに説明し、ご契約いただき
工程を考えて、各業者さんへ仕事に入る日を知らせたり
いわゆる段取りをしなくてはなりません。

今回は、木工事などを中心とした工事だけの下請けなので
社長はお気楽そうです。
言われたことだけをすればいいのですし、
さらに下請けに出す仕事も少ないようです。

が、いつもは、弊社などの下請けで、わりとお気楽立場の
今回の元請けさんは、あまり慣れていらっしゃらないらしく
とてもたいへんそうです。

弊社の社長が3日ほど現場に入り、すべきことは予定通り終わって
別の仕事をやらなければ、と思っているところに元請けさんから電話。
家具の移動のような雑用を手伝ってほしいとのことで
それができないと次の作業にかかれない、とあわてているご様子。
でも、こちらも、締め切りのある仕事をこなさいことには動けません。

元請けさんは、まじめな方なので、かなりおろおろされているらしく
工場で作業中の社長のところまで来て「なんとかして」

そんな様子を聞いた社長夫人は、冷たく一言
「元請けのたいへんさがわかったでしょうね」
にやにやとうなづく社長でありました。

ちなみにやさしい社長は、別の仕事を締め切り前日に急いで終え
今日は、たいへんそうな現場のヘルプに出ました。
posted by 長野建設 at 09:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月26日

「ぶうめらん」掲載

関市のタウン誌「ぶうめらん」で弊社が紹介されました。

ぶうめらん表紙.JPG

ぶうめらん.JPG

「関の長生き企業特集」ということで取材を受けました。
改めて数えたら、どうやら、創業115年目らしいのですが
自分たちは、そんなことなにも気にせずに過ごしていました。

115年間、いろんな人が関わりながら、いろんな時代を生きてきたのだと
また気持ちを引き締め、がんばる気にさせていただきました。

弊社が記事になるとは、思いがけない出来事でしたが
さっそく、何人かの方から、お電話やメールをいただきまして
久々の交流なども楽しませていただいています。

田舎暮らしには、なかなか刺激的な出来事でした。
posted by 長野建設 at 11:19| Comment(0) | よもやまばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月09日

ホンマでっか!?な情報

水曜日の午後9時からフジTV系でやっている
「ホンマでっか!?TV」でちょっとおもしろい情報が。

亀井眞樹先生によると、
「斜め天井や、梁がむき出しになっている部屋で寝ると
 がんになる可能性がある」
のだそうです。

まあ、がんになるかどうかは、?ですが
そういう不安定で圧力を与える環境で寝るのは、
無意識ながらも体や心にストレスを生じさせるらしいです。
そして、良好な睡眠が得られないことにつながるみたいです。
こちらは、少し理解できる気がします。

けっこう斜め天井とか、梁むき出しとか人気あるんですよね。
ちょっとふつうとは違った空間になっておもしろいし
天井を貼らなかったり、斜めに貼ったりすると
天井裏にあたるスペースまで使えるので
天井が高くなって、ロフトや小屋裏部屋などが作れるのです。
いわゆる、屋根裏部屋、みたいなのけっこう人気です。

そういう部屋を子供部屋や寝室にしたりすることもあるのですが
亀井先生の説によると、それはあまりよくないみたいですね。

こんなふうに、家の設計と健康とを結び付けて考えるのって
ありそうでなかった感じで、とても興味がわきました。
建材などはシックハウス症候群で話題にもなりましたし
法律で規制するようにもなりましたが
家のデザインそのものまでは規制はできないでしょうから
家を建てる方ご本人や設計者の考え方だけで
健康的な快適住環境になるかどうか決まるのであれば、
我々、建築士や工務店の働きはさらに責任重大です。

もっといろいろ勉強して、もっといろいろ考えて仕事をしたい、
と思わせてくれるバラエティ番組でした。

posted by 長野建設 at 08:23| Comment(0) | インテリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月02日

LIXILさんの展示会に行きました。

LIXIL(リクシル)は、サッシメーカーのトステム、
衛生機器メーカーのINAX、キッチンメーカーのサンウェーブなどが
合体してできた会社です。
その2013年新商品の展示会に行って来ました。

LIXIL展示会.jpg

サッシもトイレもシステムキッチンも一度に見られるのは
工務店としても便利だし、
ショールームにお客さまをお連れするにも
あちこち連れまわすことが減ってよくなりました。

わたしが行ったのは、2時少し前。
2時から商品説明会があるせいか、駐車場がすごい混雑で
結局、説明会には間に合わず、適当に展示品を眺めてきました。

やっぱり女性として興味があるのは、キッチン。
近頃の男性はキッチンに立つ方も増えているとは思いますが
それでも、女性目線でのチェックは、
お客さまへのアドバイスも期待されるところです。
なので、しっかりしっかりチェックチェック。

シンク下の収納を、がーっと引っ張り出し、
中の包丁立ても取り出してじっくり観察。
「そうじのしやすさはどうかな?」などと考え、さらに分解。

ショールームには「体験トイレ」なるものもありまして
最新型のトイレを使うことができます。
コントロールパネルのボタンをあれこれ押してみて楽しみます。

さて、社長は、ちょうどショールーム方面の現場に出ていたので
そちらから行く、ということで別行動。
夕方5時からの商品説明会に間に合うように行ったらしいのですが
駐車場も説明会も、がらがらだったようです。
が、数量限定だったらしい「記念品」のスマホ立てはなかったとのこと。

説明会は聞けなかったけど、スマホ立てはゲットできたわたしと
説明会は聞けたけど、スマホ立てはもらえなかった夫。
まあ、ふたりでパーフェクトな一人前でよかった(???)

ちなみに、我が家、だれもスマホ持ってないんですけどね。

昨日は業者対象の内覧会的なイベントでしたが
このあと、一般のお客さま向けのイベントもあるようです。
興味のあるかたは、ご覧になることをおすすめします。

そのほかのショールームなどにも
ご連絡いただければ、ご同行させていただいております。
お気軽に、ご連絡くださいね。

会社のHPも見に来てくださいね。
長野建設株式会社HP『製材屋が造る岐阜の家』

posted by 長野建設 at 09:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする